加齢と共に乾燥しやすくなってきた肌

7肌が乾燥したりベタベタしたり、肌の状態が安定しないとテンションが下がりますね。

10代の頃はトラブル知らずだったのに、あの頃の肌はもうどこにもありません。

昔はお風呂上がりに放置しておいても、自然と肌がしっとりして乾燥することはありませんでした。

でも今何も塗らずに放置しようものなら大変なことになってしまいます。

年齢と共にコラーゲンの量は減少していくらしいので、私の肌もどんどんコラーゲンが少なくなっているのでしょうね。

乾燥を防ぐためにはとにかく保湿するしかありません。

お風呂から出たらすぐにクリームを塗って水分を逃がさないようにしています。

水分を拭き取るとたった一分で乾燥が始まってしまうので、水分を拭き取る前に肌が濡れている状態でクリームを塗布。

そうすると肌のしっとり感が持続するんです。

それから現在は体質改善にも取り組んでいます。

コラーゲンは加齢と共に減少するので、加齢を食い止めることでコラーゲンの減少を予防することができるんです。

ただ年を取ることは避けられないので、できるだけ老化を遅くするためのアンチエイジングケアを行っています。

老化を進行させるような生活習慣を避け、美容に良いことを積極的に取り入れるようにしているんです。

本当はジャンクフードや洋菓子が好きだけれど、これらは肌にも良くないので極力控えています。

今は野菜をたくさん食べて適度な運動を取り入れる毎日。

少しだけ肌の状態が安定してきたような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です