ムダ毛の脱毛に費やす時間と労力

10思春期を迎えると女性なら誰もが「ムダ毛」に関する悩みを持つかと思います。

私もその中の一人でした。

またまわりの友人と比べても毛が濃いことを自覚していました。

なので学校生活の中でも制服がスカートなので年中自身の濃いムダ毛にコンプレックスを感じていました。

半そでの季節やプールの授業などは億劫で憂鬱で、夏という季節が疎ましくて仕方ありませんでした。

さらに私の母は毛が産毛のように細いタイプなのですが私は残念ながら体毛の濃い父の遺伝を強く受け継いだようで母がうらやましくて仕方ありませんでした。

私のムダ毛の自己処理の方法についてです。

中学生の頃は母に用意してもらったT字カミソリを主に使用していました。

ですが剃った後からすぐに新しいムダ毛が発毛してチクチクする、さらに毛穴がどんどんと太くなっているように感じていました。

高校生になると自分でアルバイトをしたお金でパナソニック製の毛を抜く脱毛器機を使用して剃る脱毛から抜く脱毛にシフトチェンジしました。

器機でカバーできない部分は毛抜きを使用して自分の手で一本一本毛を抜いていました、果てしない作業です。

暇さえあれば毛抜きを手にしていたように思います。

さらに専門学生になり彼と同棲するようになった頃には自己処理の限界を感じていました。

ムダ毛の自己処理にかける時間や精神的身体的ストレスを減らしたい、もっと他に有意義なことに自分の時間を使いたいと強く思いました。

私は自分のアルバイト代の中で学費のやりくりをしながら脱毛ローンを組むことを決意したのです。

私の住む名古屋の脱毛サロンを紹介しているサイトを参考にしています。

名古屋脱毛はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です